バイナリーオプションの最大の魅力

50円、100円といった超少額資産から始めることのできるのがバイナリーオプションの最大の魅力です。しかし、このような金額で莫大な利益を上げることは可能なのでしょうか。50円が2倍になったところでたった100円。しかも負けたら全額没収というリスクもあります。

少額のバイナリーオプション取iuoi引で驚くほどの利益を上げる秘密は、バイナリーオプションの持つもう一つの大きな特徴である「短い判定時間」と「1日あたりの取引回数の多さ」です。

「取引時間」は市場に参加できる時間帯のことですが、「判定時間」とはエントリーしてから勝ち負けの結果がわかるまでの時間のことです。エントリーした場合、この判定時間に達すると勝ち負けがわかるのと同時に自動的に決済されます。

証券会社によるものの、判定時間はなんと最短で5分。エントリーしてから5分で決着がつくので、下がる相場で「いつか上がるかも」、逆に含み益がでている状態で「まだ上がるだろうから持っておこう…」といったような精神的なストレスを感じることがないのも魅力です。

わずか5分で投資金額を2倍にまで増やすことのできる金融商品は他にほとんど例がありません。(もちろん、負けたら全部なくなってしまうというリスクはありますが…)。

この判定時間の短い取引を何回も繰り返していくことで、いわば倍々ゲームの要領で資産を増やすことが可能です。

バイナリーオプションにおける一日あたりの取引回数は各証券会社によって決まっており、一日最大230回を越える所もあれば、1周間に1回という厳しい制限のある所もありますが、概ね100回前後取引ができるようです。

一日230回ということはほぼ1時間に10回弱。この中で2倍2倍を繰り返していけばあっというまに資産を増やすことができます。

注意しなくてはならないのは、判定時間が短い場合、払い戻しの倍率である「ペイアウト倍率」が低いということ。判定時間が5分の場合、予想するのも比較的容易なので、ペイアウト倍率は2倍を切ってしまいます。

一方、数日とか一週間といった長期の判定時間が設定されている場合にはペイアウト倍率は高く設定されています。一週間後の相場の予想は非常に難しいので、このような仕組みになっているわけです。

短期取引か、長期投資かといった選択は、証券会社を選ぶ時に非常に重要な要素となってきます。少額投資を積み重ねる中で自らの投資スタイルを確立し、より良い利益率・勝率を目指していくことが大切です。


みなさん、ハワイ在住の日系アメリカ人のロバート・キヨサト氏をご存知ですか?聞くところによると、かなりの有名人らしいのですが、私は友人の紹介で、結構最近知りました。

とにかく、本当の金持ちとは何か、つまりは、不労所得の重要性を強く主張されています。具体的には、まず起業すること、つまり、人に働かせて所得を得ることです。本人の仕事は、そのシステムを構築することです。

次のステップは投資です。つまり、お金に仕事をさせるステップです。具体的には、不動産と株式です。不動産は、持ち家は不可、あくまでお金を生む(例えば、家賃収入)で、維持コストを家賃収入が上回っていることが条件です。

キヨサト氏いわくは、いわゆる労働所得が不労所得を上回ったときが、真のお金持ちへの入り口になったときで、不労所得だけで生活が回り出したら、真のお金持ちの仲間入りとのことです。

実際、書店に行ってみると、ロバート・キヨサト氏の著書がかなり多くラインナップされていました。もし、あなたがキヨサト氏の著書を読んでみたいと思われたら、どれを読んでいいのか困惑されると思います。私としては、基本的にそのうちの二冊を順番に読んでみることをお勧めします。

まず、一冊目は、『金持ち父さんと貧乏父さん』です。この本は、ロバート・キヨサト氏の幼い頃からの実体験や考え方、基礎的な知識を小説風に書かれており、読み物として楽しみながら読破できます。
二冊目は、『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドランド』です。本としては、『金持ち父さんと貧乏父さん』の続編ですが、内容はかなりレベルアップしており、専門性も高いです。しかし、『金持ち父さんと貧乏父さん』を読んでいれば理解できます。逆に言うと、『金持ち父さんと貧乏父さん』を読んでいないと、経済学初心者の方にはきついかもしれません。

他にも、かなり多くの著書が出ていますが、私個人としては、その都度必要に応じて、必要と思われる物を読めばいいと思います。

それよりも、私がおススメしたいものは、ロバート・キヨサト氏が考案した『キャシュフローゲーム』という「人生ゲーム」のようなゲームです。
なかなか、キヨサト氏が著書の中で述べている必要な「経験」や「知識」は、実際、簡単には体験したり習得したりできないものです。しかし、そのゲームをやっていると、自然とその「経験」や「知識」が身に付くというものです。

そのゲームにはさらに上級者向けのものと、逆に子供向け(12歳以上向け)のものがあります。私の個人的な考えとしては、まず、子供用をマスターして、次に通常の『キャッシュフローゲーム』をマスターできたら、さらに上級者向けに進んだらいいのではないかと思います。
世の中、そう簡単にお金持ちになれないかもしれませんが、興味を持った方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。